コールセンターのための音声文字起こしサービス6選!AIを使って応対業務を効率化

2024年7月8日

コールセンターのための音声文字起こしサービス6選!AIを使って応対業務を効率化 | AI文字おこしサービス - 文字起こしさん
dog
コールセンターの業務を文字起こしで効率化したい!

オペレーターが不足するなか、いっそうの効率化を求められるコールセンター。

コールセンターの業務を効率化するなら、最新AIを使った文字起こしサービスを導入するのがおすすめです!

最新AIを使ってコールセンターの通話内容をテキスト化することで、応対品質をチェックしたり、応対後の処理をより迅速に行ったりすることが可能です。

また、コールセンターの応対内容を扱いやすいテキストデータとして蓄積できるため、マーケティングや社内教育などに幅広く活用することもできるようになります。

この記事ではコールセンターの通話内容を文字起こしするためのおすすめの方法とサービスについて解説します!

コールセンター業務の課題を、AI文字起こしサービスで解決しませんか?

コールセンターの文字起こしにおすすめのAI文字起こしサービス

コールセンターの通話内容を文字起こしするのにおすすめのAI文字起こしサービスがあります。

それが『文字起こしさん』です。

文字起こしさん

『文字起こしさん』最新AIを使って高精度・短時間に音声をテキストにすることができる文字起こしサービス。

こちらのページから、誰でも簡単に文字起こしすることができます。

話者分離(話している人ごとに文字起こし)機能を搭載しているので、コールセンターの通話内容を、オペレーターと顧客に分けて文字起こしすることも可能です。

しかも『文字起こしさん』は無料で使えます!

1分間までの音声を登録・ログイン不要で無料文字起こしできるので、コールセンターの文字起こし方法を探している方は、まずはこちらから『文字起こしさん』を体験してみませんか?

コールセンターのための文字起こしサービスとは?

コールセンターの業務を効率化するならAI文字起こしサービスを導入するのがおすすめ。

まず、コールセンターにAI文字起こしサービスがおすすめの理由と、導入のメリットについて紹介します。

コールセンターに文字起こしサービスがおすすめの理由

コールセンターに文字起こしサービスがおすすめの理由

問い合わせやクレーム対応に欠かせないコールセンター。

AIを使ったチャットをはじめ、コールセンター以外の手段を使うことも増えていますが、コールセンターを完全になくすことはまだまだ難しいのが現状です。

ですが、コールセンターの業務には

  • オペレーターの人手不足
  • 求められる応対内容の高度化
  • コンプライアンスの重要性増加

といった問題があります。

このような課題を解決するには、AI文字起こしサービスを導入するのがおすすめです。

オペレーターの人手不足

オペレーターの人手不足

コールセンターの業務で大きな問題になっているのが、オペレーターの人手不足です。

コールセンターのオペレーターは離職率が高く、常にスタッフが不足しています。

また、さまざまな業界で人手が不足する中、平均時給も高騰しているため、新たなスタッフの採用はどんどん難しくなっています。

職場への定着率を増し、人手不足に対処するためには、オペレーターへの業務内容と精神面へのサポートが欠かせません。

そこで役立つのがAI文字起こしサービスです。

AI文字起こしサービスを使うことで、オペレーターの通話内容を可視化し、スタッフ一人一人にきめ細かなアドバイスを行うことができるようになります。

また、コールセンターの通話内容をデータとして蓄積することができるため、より効果的にスタッフを教育・指導することが可能になります。

求められる応対内容の高度化

求められる応対内容の高度化

コールセンターでの顧客対応は、求められる品質が年々高度になっています。

これは、SNSが普及し、個人の手で悪質な情報が発信される可能性が高まったことが理由のひとつ。

クレームの電話に対してコールセンターで不適切に対応した場合、企業イメージにマイナスの影響が生じる可能性もあります。

コールセンターの応対内容をモニタリングし、応対内容の高度化に対処するためにも、AI文字起こしサービスの導入がおすすめです。

AI文字起こしサービスを使って通話内容をテキスト化することで、オペレーターがクレームに適切に対処できているか、一目でチェックすることが可能です。

また、クレーム対応を他のスタッフへ引き継ぐ場合も、要点をすぐに把握することができます。

コンプライアンスの重要性増加

コンプライアンスの重要性増加

さらに、コールセンターのコンプライアンス対策にもAI文字起こしサービスは役立ちます。

AI文字起こしサービスを使ってコールセンターの通話内容をモニタリングすることで、オペレーターがコンプライアンスに反した発言をしていないかチェックできます。

コールセンターの通話を介して顧客との契約を結ぶ場合も、AI文字起こしサービスを使うことで「言った言わない」のようなトラブルを防止することが可能です。

このように、AI文字起こしサービスを導入することで、コールセンターのオペレーター業務の課題を解決することが可能です。

AI文字起こしサービスを使ってコールセンターの通話内容を可視化してみませんか?

コールセンターの通話内容を文字起こしする方法

コールセンターの通話内容を文字起こしする方法は3つあります。

1. クラウドPBXサービスを使って録音→AI文字起こしサービスでテキスト化

クラウドPBXサービスを使って録音→AI文字起こしサービスでテキスト化

コールセンターの通話内容を文字起こしにおすすめなのが、クラウドPBXを使って録音する方法です。

クラウドPBXとは、電話の着信や発信をインターネット上のサーバー(クラウド)で行うシステムのこと。

クラウドPBXを導入することで、通話内容を録音して、サーバー上に保存することができます。

あとは、録音した音声を『文字起こしさん』のようなAI文字起こしサービスでテキスト化するだけでOKです。

2. 固定電話を録音→AI文字起こしサービスでテキスト化

固定電話を録音→AI文字起こしサービスでテキスト化

録音機能のついたビジネスフォンや、固定電話に取り付ける録音装置を使うのもおすすめの方法です。

電話の台数が少ない小規模なコールセンターに向いています。

3. コールセンター向け文字起こしサービスでテキスト化

大規模なコールセンターの場合は、コールセンター向けの文字起こしサービスを利用するのも方法のひとつです。

費用はとても高額になりますが、録音、文字起こし、分析までをひとつのパッケージとして導入することが可能です。

録音した通話内容の文字起こしにおすすめのAI文字起こしサービス

文字起こしさん

『文字起こしさん』は、クラウドPBXサービスや録音装置で録音した音声を文字起こしするのにおすすめのAI文字起こしサービスです。

ブラウザから使う文字起こしサービスなので、録音した音声ファイルをアップロードするだけで、誰でも簡単にコールセンターの通話内容をテキスト化することができますよ。

日本発のサービスなのでセキュリティ面も安心です。

2種類の最新AIを使って、高精度・短時間に文字起こしできるのもポイント。

それぞれ

  • PerfectVoice:長い音声もわずか10分で超高速文字起こし、100言語の多言語対応
  • AmiVoice:話者分離機能(話した人ごとに文字起こし)、音声ファイルと同じくらいの時間で高速文字起こし

という特長があるので、通話内容をオペレーターと顧客に分けて文字起こしすることも簡単に可能です。

しかも『文字起こしさん』は無料で使えます!

登録・ログイン不要で1分間までの音声を無料文字起こしできるので、最新AIの高性能をいますぐ体験できますよ。

コールセンターの文字起こし方法を探している方は『文字起こしさん』を使ってみませんか?

コールセンターの文字起こしにおすすめのサービス6選

それでは、コールセンターの通話内容を文字起こしするならどんなサービスがおすすめなのでしょうか?

具体的におすすめの方法を紹介します!

1. NTT東日本 ひかりクラウドPBX

NTT東日本 ひかりクラウドPBX

NTT東日本 ひかりクラウドPBXは、電話の着信・発信をクラウド化するためのクラウドPBXサービス。

オプションの「ひかりクラウド電話 for Webex Calling」を契約することで、通話内容を録音することが可能です。

あとは録音した音声を『文字起こしさん』のようなAI文字起こしサービスで文字起こしするだけで、コールセンターの通話内容のテキスト化は完了。

クラウドPBXを使ってコールセンター業務を効率化したいときにおすすめのサービスです。

NTT東日本 ひかりクラウドPBX

2. ナイセンクラウド

ナイセンクラウド

ナイセンクラウドは、固定電話番号を内線のように使うことができるクラウドPBXサービス。

固定電話やスマホのほかにIP電話にも対応しているので、050から始まる番号で簡単にコールセンターを設置できるのもポイント。

自動通話録音機能を設定することで、100時間または3ヶ月分まで録音と音声ダウンロードが可能です。

ナイセンクラウド

3. BIZTEL

BIZTEL

BIZTELはビジネスの電話に関する問題をすべて解決するためのクラウドPBXサービス。

2006年に開始した歴史の長いサービスで、多くの企業に導入されています。

コールセンター向けの専用プランも用意されています。

コールセンタープランは1座席ごとに契約の場合初期費用50,000円、月額15,000円から。

BIZTEL

4. サンコー 通話自動録音BOX2

サンコー 通話自動録音BOX2

電話機の台数が少ない小規模なコールセンターにおすすめなのが、ビジネスフォンに取り付けて使う録音装置です。

通話内容をSDカードに保存できるので、あとはPCにコピーして『文字起こしさん』のようなAI文字起こしサービスでテキスト化するだけでOK。

コストを抑えたいときにおすすめです。

サンコー 通話自動録音BOX2

5. COTOHA Voice Insight

COTOHA Voice Insight

COTOHA Voice Insightは、NTTコミュニケーションズが提供しているコールセンター向け文字起こしサービスです。

通話の録音、テキスト化、AIによる分析を一貫して提供するサービスで、中規模~大規模なコールセンターをターゲットに開発されています。

コールセンターの規模によって価格が大きく変化するため、利用には問い合わせと見積もりが必要です。

COTOHA Voice Insight

6. MiiTel Call Center

MiiTel Call Center

MiiTel Call Centerは、コールセンターのオペレーターの状況を音声解析するためのサービスです。

リアルタイムで音声を文字起こしすることでオペレーターの通話内容を可視化。

要約や感情分析も可能です。

1IDあたり月額5,980円から契約が可能ですが、10ID以下の場合は契約に事務手数料が必要なため注意が必要です。

MiiTel Call Center

コールセンター業務を文字起こしで効率化しませんか?

オペレーター不足や応対内容の高度化など、コールセンターの業務に関する課題を解決するならAI文字起こしサービスがおすすめ。

通話内容を可視化できるので、コールセンター業務のマネジメントをぐっと容易にすることが可能です。

AI文字起こしサービスを使って、コールセンターの業務を効率化しませんか?

■ AI文字起こしサービス『文字起こしさん』

『文字起こしさん』は初期費用ゼロ&月額1,000円から利用できる(※無料版あり)オンライン文字起こしツールです。

  • 音声・動画・画像など20以上のファイル形式に対応
  • パソコン・スマホどちらからも利用可能
  • 医療・IT・介護などの専門用語にも対応
  • 字幕ファイルの作成や、話者分離にも対応
  • 英語、中国語、日本語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など約100言語の文字起こしに対応

利用方法はサイトから音声ファイルをアップロードするだけ。数秒〜数十分であっという間に文字起こしテキストが手に入ります。
10分までの文字起こしなら無料で利用できますので、まずは一度お試しください。

音声・動画・画像から文字起こしが簡単にできる「文字起こしさん」です。 文字起こしさんでは無料で5分までの文字起こしが可能です。 文字起こしした文章のコピー、ダウンロード、検索、削除などができます。 字幕ファイルの作成もできるのでインタビュー動画などの文字起こしにも最適です。
HP: mojiokoshi3.com
Email: mojiokoshi3.com@gmail.com
|
関連記事