【iPhoneボイスメモ|文字起こしのやり方を画像で解説】スマホで完結。パソコンでもOK

2022年6月24日

【iPhoneボイスメモ|文字起こしのやり方を画像で解説】スマホで完結。パソコンでもOK|文字起こしさん
dog

iPhoneのボイスメモで録音した音声を文字起こししたいんだけど、どうすればいいの?

iPhoneのボイスメモは、スマホで手軽に録音ができます。ICレコーダーなどの専用機器が不要なので、とっさのタイミングや、仕事から日常使いまで、いつでも気軽に録音することができます。

でも、ボイスメモには「文字起こし」の機能がありません。

  • 会議の議事録に文字起こしが必要になった
  • 証拠用に録音したけど、テキストでも残しておきたい
  • どのデータが何なのかわからないからテキスト化したい
  • You Tubeのテロップ用に台本のたたき台がほしい

などなど、意外とボイスメモの録音を文字起こししたいことがあります。

今回はiPhoneのボイスメモを「AI文字起こしサービス:文字起こしさん」を使ってスマホで簡単に文字起こしする方法を紹介します。

iPhoneだけで全部完結するのでとっても楽ちん。ぜひ試してみてくださいね!

cat

iPhoneの「ボイスメモ」で音声入力・データを保存する

iPhoneのボイスメモで録音する

ボイスメモの音声を文字起こしするには、ボイスメモで録音したデータが必要です。

まずはボイスメモでの録音方法をおさらいします。

「ボイスメモ」を起動

ボイスメモのアイコン

ボイスメモの場所がわからない場合は、検索ボックスで「ボイスメモ」と検索。するとボイスメモのアイコンが出てくるのでタップします。

画面下部の赤いボタンをタップで、音声を録音

ボイスメモの使い方

新しい音声を録音する場合、「◉」をタップ。

すでに録音した音声を再生する場合、録音したデータは「▶︎」をタップすることで音声を聞けます。

文字起こししたいデータを保存する

ボイスメモで録音した音声は、このままでは「ボイスメモ」以外で開くことはできません。

文字起こししたいデータを別の場所へ保存します。

文字起こししたい録音データを保存する

「…」をタップ

ボイスメモの録音を保存する方法

「ファイルに保存」を選択

ボイスメモの録音をファイルに保存を選択

「…」をタップするとメニューが出てきます。録音データを保存したいので「”ファイル”に保存」を選択します。

「iCloud Drive」もしくは「このiPhone」に保存

ボイスメモの録音をダウンロードフォルダに保存

データの保存先はiCound Driveでも、このiPhone内でも、どちらでも大丈夫です。

使いやすい保存先に保存してください。

データの保存ができたら、準備完了。実際に文字起こしをしていきます。

ボイスメモを文字起こしをする

ウェブブラウザで文字起こしさんを開く

公式サイト:文字起こしさん
https://mojiokoshi3.com

iPhoneで文字起こしさんを開く

文字起こししたいファイルをアップロード

ボイスメモの音声をアップロードするためにブラウズを選択

ページを下にスクロールし、ファイルをアップロードする画面を選択します。

アップロード部分をタップするとメニューが出てきます。

「ブラウズ」を選択します。

ボイスメモの録音を文字起こしする

先程保存した場所を開き、ファイルを選択します。

文字起こしさんにボイスメモの録音データをアップロード

「文字起こし」ボタンをタップすると文字起こしが実行されます。

文字起こしさんでは面倒な会員登録なしで冒頭1分を簡単文字起こしできます!

文字起こしの品質を確認

ボイスメモの録音データを文字起こしした結果

実際に文字起こしをすることができました。

文字起こしさんでは2種類の音声認識エンジンを利用し、文字起こしすることができます。

amivoiceか、Googleか、どちらのエンジンのほうがいいのかお好みで選んでください。

個人的には日本語の場合、AmiVoiceのほうがオススメです。

cat

ヒント:音声認識のGoogleとAmiVoiceって何?

  • Googleが開発したAIなのか
  • AmiVoiceという日本の会社のAIなのか

の違いです。
「Googleのほうが精度良さそう!」と思うかもしれませんが、日本語の文字起こしなら、個人的にはAmiVoiceのほうがおすすめです。
日本語はやっぱり、日本の会社。日本語に特化して日本語を文字起こしするAIを開発しているのでGoogleよりAmiVoiceのほうが精度がいいように感じます。
日本語以外の言語にAmiVoiceは対応していないので、その時はGoogleのAIで文字起こしをしましょう。

無料で使う場合は最初の60秒が文字起こしされます。無料会員登録で最大1分(合計10分まで)の文字起こしが毎日できます。

気に入ったらプランを購入して全時間を文字起こし

1分以上の文字起こしをしたい場合は、課金をすると文字起こしすることができます。

コラム:長文の文字起こしにはお金がかかる

文字起こしさんでは冒頭1分以上の文字起こしをする場合、有料プランの購入が必要です。

AI文字起こしサービスはたくさんありますが、残念ながら長時間の文字起こしを完全無料で行うことができるWebサービスはありません

そんな中、文字起こしさんは他のサービスと比較するとかなり安価です。

文字起こしさんの評判と料金比較

文字起こしさんは、1分あたり約2.5円〜で文字起こし可能。

他のサービスの場合は、1分あたり30円〜40円くらいするのが相場です。

人が文字起こしをするサービスに依頼をすると、もっと高くなり、200円〜800円くらいが相場のようです。

関連記事>>音声文字起こしの外注相場はいくら?【安く依頼するコツも解説】

iPhoneボイスメモをもっと便利に活用しよう

iPhoneのボイスメモはスマホ1台でいつでもどこでも手軽に録音ができます。

録音時間に制限はなく、数十秒の短い録音〜数時間におよぶ長時間録音もできます。感度も割と良いです。

修羅場用にコソッと録音するのにも使えます。

でも、ボイスメモには「文字起こし」の機能がありません。後でデータを探したり、証拠用に確認する時にはどんな内容なのか、「文章」があったほうが断然いいです。

dog

ボイスメモは便利だけど文字起こしが大変…

そんな時にこそ、文字起こしさんをぜひ活用してください。

AI系の文字起こしアプリで最安値。1分あたり約2.5円という破格で文字起こしが可能です。

APIをたたかなくちゃいけない、などよくわからない専門的な作業も必要ありません。

ぜひこの機会に文字起こしさんを使ってみてくださいね。
 

■ AI文字起こしサービス『文字起こしさん』

『文字起こしさん』は初期費用ゼロ&月額1,000円から利用できる(※無料版あり)オンライン文字起こしツールです。

  • 音声・動画・画像など20以上のファイル形式に対応
  • パソコン・スマホどちらからも利用可能
  • 日本語・英語・中国語をはじめ約30言語に対応
  • 医療・IT・介護などの専門用語にも対応
  • カスタマイズ辞書機能あり

利用方法はサイトから音声ファイルをアップロードするだけ。数秒〜数十分であっという間に文字起こしテキストが手に入ります。
10分までの文字起こしなら無料で利用できますので、まずは一度お試しください。

音声・動画・画像から文字起こしが簡単にできる「文字起こしさん」です。 トランスクリプション氏では無料で10分までの文字起こしが可能です。 文字起こしした文章のコピー、ダウンロード、検索、削除などができます。 字幕ファイルの作成もできるのでインタビュー動画などの文字起こしにも最適です。
HP: mojiokoshi3.com
Email: mojiokoshi3.com@gmail.com
関連記事