文字起こしの会社はどうやって選んだらいいの?テープ起こし業者完全ガイド

2024年2月4日

文字起こしの会社はどうやって選んだらいいの?テープ起こし業者完全ガイド | AI文字おこしサービス - 文字起こしさん
dog
文字起こしを依頼したいけど、どんな会社を選んだらいいの?

そんな悩みを持ったあなたのために、文字起こし(テープ起こし)の会社の選び方と、文字起こしにおすすめの方法を紹介します。

会議やインタビューで録音した音声をテキストにする文字起こしは、自分でキーボードで打ち込んで行うととても手間がかかるので、お金を払って専門の会社に外注するのも選択肢のひとつです。

また、専門のライターが文字起こしする会社以外にも、AI文字起こしサービスの活用もおすすめです。

さまざまな会社が提供するサービスを利用して、効率的に文字起こし(テープ起こし)を行う方法を徹底的に解説します!

文字起こしを専門の会社に依頼するには?

文字起こし(テープ起こし)を専門の会社に依頼するにはどうしたらいいのでしょうか?

文字起こし(テープ起こしとは)

文字起こし(テープ起こしとは)

文字起こし(テープ起こし)とは、録音した音声を文章(テキスト)にすることです。

  • 会議の議事録
  • インタビュー
  • YouTubeなどの動画

といった内容を文字にすることで、記録として残したり、雑誌やblogの記事にしたりして、より便利に使うことができるようになります。

文字起こしは録音にカセットテープを使っていた時代から存在する仕事のため、いまでも「テープ起こし」と呼ばれることがあります。

文字起こしには

  • 音声を聞きながらキーボードで文章を打ち込む
  • 音声認識AIを使って自動で変換

という2つの方法があります。

文字起こしの会社とは?

文字起こしの会社とは?

音声を聞きながらキーボードを打ち込んで文字起こしを行うのは手間も時間もかかるため、文字起こし(テープ起こし)をサービスとして提供する会社がいくつも存在しています。

専門の会社に頼むことで、文字起こしの作業を効率化し、迅速・スムーズに音声をテキストにすることができます。

文字起こしの会社では専門のライターが文字起こし

文字起こしの会社では、専門のライターが音声を聞きながらキーボードで文字を打ち込んで文字起こしを行っています。

経験豊富なライターの方が作業するので、

  • 専門用語
  • 同音異義語
  • 喋っている人の言い間違い

などの難しいポイントにも的確に対処することが可能です。

文字起こしの会社に依頼するのはお金と時間がかかる

ただし、当然ですが利用には料金がかかります。

専門家へ仕事を依頼することになるため、文字起こしのもうひとつの方法「AI文字起こし」と比べると金額は少し高めです。

もちろん、文字起こしが行われるのは音声データを渡したあとなので、納品されるまで何日か待つ必要もあります。

※中1日~当日の特急対応も用意されていますが、料金はとても高くなります。

安くて早い文字起こしなら『文字起こしさん』

文字起こしさん

  • もっと安く文字起こししたい!
  • いますぐに文字起こしされたテキストがほしい!

そんな方におすすめなのが、AI文字起こしサービスの『文字起こしさん』です。

最新AIが自動で文字起こしするので、

  • 文字起こしの会社を1回利用するのと同じ料金1ヶ月使い放題
  • 短い音声なら数分~長い音声でも10分くらいで文字起こし完了

このように、文字起こしの会社よりも安く・早く文字起こしすることができます。

さらに、1分間までの音声は登録・ログイン不要せずに無料で文字起こし可能!

文字起こし方法で迷っていたら『文字起こしさん』を試してみませんか?

文字起こし(テープ起こし)の会社おすすめ5選+α

次に、専門のライターによる文字起こしサービスを提供している会社を紹介します。

1. コエラボ

コエラボ

コエラボは専門ライターによる文字起こし(テープ起こし)に強い会社です。

800人以上のライターが所属しているため、通常のビジネス分野のほか、医療や学術研究、行政、政治、出版、ITといったさまざまな専門分野へも対応。

研究者の方からの科研費を使った依頼も受け付けています。

迅速な対応が可能で、通常納期の場合には中2日(15分の音声)~中7日(180分の音声)で文字起こしが可能。

料金を多く支払うことで当日納期の特急対応も可能です。

利用する場合は見積りフォームに入力後、金額と納期についてやりとりを行い、その後正式に文字起こしを依頼する流れとなります。

コエラボ

2. 東京反訳

東京反訳

東京反訳も文字起こし(テープ起こし)で有名な会社のひとつです。

専門ライターとのつながりを活かして、クオリティの高い文字起こしサービスを提供しています。

多めに料金を支払うことで日本語の文字起こしのほかに英語をはじめとする外国語の文字起こしも行えます。

医療分野や裁判法廷用の文字起こしなど、高度な専門知識が必要な分野についても対応可能です。

納期は通常納期の場合中3日(15分の音声)~中11日(240分の音声)。

さらに短い納期もあり、特別料金がかかりますが、午前中にデータを渡して当日中に文字起こし完了する「超特急当日納品」も用意されています。

東京反訳

3. テープリライト

テープリライト

テープリライト1963年創立の伝統ある文字起こし(テープ起こし)会社です。

歴史ある会社だけあってNHK、共同通信社、日経BP社といったマスメディアとも取引があります。

こちらも一般の文字起こしのほか、医療系や学術系、法廷用など専門分野の文字起こしまで広く対応しています。

外国語の文字起こしは英語のほか、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語なども可能です。

納期は4営業日後(1時間までの音声の場合、土・日・祝除く)。

割増料金を払うことで-1営業日~-4営業日までの特急対応も設定されています。

テープリライト

4. ボイスカラー

ボイスカラー

株式会社ボイスカラーは、広島に本拠を置く文字起こし(テープ起こし)の会社です。

50名の文字起こしスタッフが所属していて、文字起こしのほか、日本語→英語と英語→日本語の翻訳サービスも提供しています。

文字起こしの納期は通常プランの場合中7日~中1日まで設定。

120分までの音声の場合は特急料金を払うことで当日対応も可能です。

ボイスカラー

5. エディテージ

エディテージ

エディテージ(editage)は世界的に展開している、研究者を支援する事業を行っている会社。

学術関連文書の英文校正や翻訳のほか、文字起こしサービスも提供しています。

ほかの会社との違いが、外国語の文字起こしをメインとしていること。

英語はもちろん、韓国語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、アラビア語、イタリア語、ロシア語の文字起こしが可能です。

さらに、文字起こしと翻訳がセットになったサービスも提供しています。

納期については文字起こしする言語や音声ファイルの時間により大きく変わるため、公式サイトからの見積もりが必要です。

エディテージ

文字起こしはAI文字起こしもおすすめ

ここまでライターの方がキーボードで打ち込んで文字起こし(テープ起こし)を行う会社を紹介してきましたが、文字起こしを外注するなら「AI文字起こし」もおすすめです。

AI文字起こしとは、音声ファイルをアップロードするとAI音声認識エンジンが自動で文字起こししてくれるサービスのこと。

近年、AIが急激に進歩したためAI文字起こしの性能も大幅に向上し、とても高い精度で文字起こしを行うことができるようになっています。

音声認識はAIがとくに得意とする分野のため、プロのライターに依頼するのと同じくらいのクオリティでの文字起こしが可能です。

さらにAIならではの特長もあります。

短時間で文字起こし完了

短時間で文字起こし完了

この記事で紹介した会社に依頼すると、通常の料金では短くても中1日~の納期がかかります。

しかも、録音時間が長い音声ではより長い納期が必要になります。

特急料金を払うことで当日対応が可能な会社も多いですが、追加料金はとても高額です。

それに対してAI文字起こしサービスはとても短い時間で文字起こしを終えることが可能。

なんと、短い音声ファイルなら数分で、長いファイルでも10分程度で文字起こしが完了します!

いつでもすぐに文字起こし可能

いつでもすぐに文字起こし可能

ライターの方が文字起こしする会社を利用する場合、当然ですが営業時間内に依頼する必要があります。

営業時間終了後に文字起こしする必要が生じたときは、翌営業日まで待たないといけません。

会社によっては土・日・祝日は対応していない場合も。

その点、AI文字起こしサービスなら365日・24時間対応可能。

インタビューの仕事は相手に合わせて夜に行う場合もありますが、そんなときも終了後すぐに文字起こしできます。

外国語の文字起こしも同じ金額で可能

外国語の文字起こしも同じ金額で可能

また、AI文字起こしサービスは外国語も文字起こしすることができます。

英語をはじめとする外国語の文字起こしには日本語の文字起こしとは異なる技能が必要なため、日本語よりも高い金額を支払う必要があります。

また外国語のスキルを持ったライターは少ないため、外国語の文字起こしを依頼できる会社は選択肢が少なくなります。

そこでおすすめなのがAI文字起こしサービスです。

AI文字起こしサービスなら、外国語の音声でも日本語と同じように文字起こし可能。

しかも、ライターの方が文字起こしする会社と違って追加料金を支払う必要もありません。

注意点としては、外国語をAI文字起こしする場合、文字起こししたい言語に対応しているかあらかじめチェックしましょう。

100言語に対応する『文字起こしさん』のように、多くの言語を文字起こしできるサービスを選ぶのがおすすめです。

金額が安い

金額が安い

最後に、AI文字起こしサービスは文字起こしの会社よりも安い金額で文字起こし可能です。

ライターの方が文字起こしする会社は、専門家への依頼のため人件費が発生し料金も高くなります。

それに対してAI文字起こしサービスではコンピューターが処理を行うため人件費は不要です。

AI文字起こしサービスは月額課金制の場合が多いですが、ライターの方が文字起こしする会社で1本の音声を文字起こしする料金よりも月額料金が安いのが普通です。

おすすめのAI文字起こしサービス『文字起こしさん』

文字起こしさん

AI文字起こしサービスを探している方におすすめなのが『文字起こしさん』です。

『文字起こしさん』は最新の高性能AIを使えるAI文字起こしサービス

専門ライターと同じくらいのハイクオリティな文字起こしが可能です。

2種類の最新AIが使用可能で、それぞれ

  • PerfectVoice:長い音声ファイルでも10分程度で文字起こし完了、日本語・英語はじめ100言語の多言語対応
  • AmiVoice:音声ファイルと同じくらいの時間で文字起こし完了、話者分離機能あり(話した人ごとに文字起こし)

という特徴があるため、文字起こしする内容に合わせて使い分けることができます。

利用料金は月ごとの利用時間によって1,000~3,000円とライターの方の文字起こしよりもずっと廉価。

しかもなんと、1分間までの音声は登録・ログイン不要で無料で文字起こしすることができます。

文字起こしの方法で迷っていたら、まずは無料で『文字起こしさん』を試してみるのがおすすめです。

便利なサービスを使って文字起こししてみませんか?

この記事では文字起こし(テープ起こし)サービスを提供している会社を紹介しました。

ライターの方が文字起こしを行う会社にはそれぞれ得意分野があるので、会社ごとの強みを把握して依頼するのがおすすめです。

また、音声認識AIを利用したAI文字起こしサービスも近年急速に発展しています。

専門ライターと同じくらいのハイクオリティな文字起こしが可能になっているので、ライターの方が文字起こしする会社と合わせてチェックしてみませんか?

便利なサービスを利用して、快適・スムーズに文字起こしするのがおすすめです。

■ AI文字起こしサービス『文字起こしさん』

『文字起こしさん』は初期費用ゼロ&月額1,000円から利用できる(※無料版あり)オンライン文字起こしツールです。

  • 音声・動画・画像など20以上のファイル形式に対応
  • パソコン・スマホどちらからも利用可能
  • 医療・IT・介護などの専門用語にも対応
  • 字幕ファイルの作成や、話者分離にも対応
  • 英語、中国語、日本語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など約99言語の文字起こしに対応

利用方法はサイトから音声ファイルをアップロードするだけ。数秒〜数十分であっという間に文字起こしテキストが手に入ります。
10分までの文字起こしなら無料で利用できますので、まずは一度お試しください。

音声・動画・画像から文字起こしが簡単にできる「文字起こしさん」です。 文字起こしさんでは無料で5分までの文字起こしが可能です。 文字起こしした文章のコピー、ダウンロード、検索、削除などができます。 字幕ファイルの作成もできるのでインタビュー動画などの文字起こしにも最適です。
HP: mojiokoshi3.com
Email: mojiokoshi3.com@gmail.com
関連記事