聴覚障害がある方のための音声文字変換アプリガイド iPhone・Androidで無料変換する方法は?

2024年2月23日

聴覚障害がある方のための音声文字変換アプリガイド iPhone・Androidで無料変換する方法は? | AI文字おこしサービス - 文字起こしさん

この記事では、聴覚障害がある方が無料で音声を文字変換する方法を解説します。

iPhone、Androidどちらもスマホ標準の機能で音声文字変換が搭載されていますが、聴覚障害のある方のために作られたアプリや、AI文字起こしサービスのような外部サービスといった方法を使うことで、より便利に音声を文字にすることができます。

無料でも使えるさまざまな音声文字変換アプリを紹介するので、ぜひこの記事を参考に使ってみませんか?

【無料あり】聴覚障害がある方のための音声文字変換方法4選

聴覚障害がある方のための音声文字変換にはどんな方法があるのでしょうか。

無料で利用できる音声文字変換の方法を紹介します。

1. iPhone・Androidスマホの標準機能を使う

iPhone・Androidスマホの標準機能を使う

聴覚障害がある方の音声文字変換は、iPhoneやAndroidのスマートフォンの標準機能を使うことで無料で可能です。

スマホに標準搭載されている機能なので追加インストールが不要なことが最大のメリット。

ただし、聴覚障害がある方のために専用で作られたアプリではないので、使いやすさでは一歩譲ります。

録音した音声を文字起こししたい場合の利便性ではAI文字起こしサービスに劣ることもデメリットです。

iPhoneで音声を無料で文字変換する方法

※iOS 15の画面で解説します。他のバージョンでは操作が異なる場合があります。

iPhoneの標準機能で無料で音声文字変換するには、まず文字を入力するためのアプリを開きます。

文字を入力することができればどのアプリでもOKです。

文字を入力するためのアプリを開く

今回は「メモ」のアプリで新しくメモを作成しました。

次に、キーボードの左下にあるマイクの絵のボタンを押します。

キーボードの左下にあるマイクの絵のボタンを押す

すると、キーボードが表示されている部分が音声入力表示に切り替わります。

音声入力表示に切り替わる

これで音声文字変換の準備は完了です。

※聴覚障害がある方が使うときは、この状態になったら話す相手にスマホを渡しましょう。

この状態でiPhoneに向かって喋ることで、内容が文字変換されて入力されます。

文字変換されて入力

これでiPhoneの標準機能で無料で音声を文字変換する流れは完了です。

Androidスマホで音声を無料で文字変換する方法

※Android 12の画面で解説します。他のバージョンでは操作が異なる場合があります。

Androidスマホの標準機能で音声を無料で文字変換する場合も、iPhoneと同じように文字を入力するためのアプリを開きます。

Androidの場合も、文字を入力することができればどのアプリでもOK。

文字を入力するためのアプリを開く

今回は「Googleドキュメント」のアプリで新しく書類を作成しました。

次に、キーボードの右上にあるマイクの絵のボタンを押します。

マイクの絵のボタンを押す

すると、マイクの左側に「お話しください」と表示されます。

「お話しください」と表示

これで音声文字変換の準備は完了です。

※聴覚障害がある方が使うときは、この状態になったら話す相手にスマホを渡しましょう。

あとは、Androidスマホに向かって喋るだけで、内容が文字変換されて表示されます。

内容が文字変換される

これでAndroidスマホの標準機能で無料で音声を文字変換する流れは完了です。

2. こえとら(聴覚障害のある方のためのアプリ)

こえとら

「こえとら」は、聴覚障害のある方と健聴者の方のコミュニケーションのために作られたアプリです。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の音声認識技術を使って音声文字変換を行っています。

iPhone版とAndroid版があり、どちらも無料で使うことが可能。

日本全国の聴覚支援学校/聾学校や聴覚障害者情報センターでの実証実験も行われました。

最大の特長が、聴覚障害のある方の使用を前提に作られているため、きめ細やかな機能が充実しているということ。

健聴者が話した内容を音声文字変換するだけでなく、聴覚障害のある方がキーボードで入力した内容を音声合成して、音で伝える機能も搭載。

定型文の登録も可能で、挨拶や買い物をはじめ、よく使う場面ではよりスムーズにコミュニケーションが可能です。

こえとら

3. SpeechCanvas(聴覚障害のある方のためのアプリ)

SpeechCanvas

「SpeechCanvas」も、聴覚障害がある方と健聴者の方のコミュニケーションのために開発されたアプリです。

こちらもiPhone版とAndroid版があります。

日常生活での利用を目的とした「こえとら」に対して、「SpeechCanvas」はビジネス用途での使用にも対応していることが特徴です。

健聴者の方が喋った内容は音声を文字変換して表示され、自動でふりがなもつきます。

聴覚障害のある方の入力は筆談のように手書きする方式です。

個人利用は無料で、法人利用の場合は有償(月額30,000円から)です。

聴覚障害がある方を雇用している多くの企業や官公庁で利用されている定評あるアプリです。

SpeechCanvas

4. 文字起こしさん(AI文字起こしサービス)

文字起こしさん

『文字起こしさん』音声ファイルや動画をアップロードすると自動で文字起こししてくれる、AI文字起こしサービスです。

ウェブブラウザから使うサービスで、iPhone、AndroidスマホだけでなくPCからも使うことができます。

聴覚障害のある方にとっての『文字起こしさん』のおすすめポイントが、長い音声や動画をすぐに文字変換できるということ。

1時間以上の長い音声ファイルでも10分程度で音声文字変換が可能なので、会議の内容を把握したり、講演や動画の内容を文字変換して読んだり、聴覚障害がある方の日常生活を便利にサポートしてくれます。

『文字起こしさん』は2種類の最新AIを使うことができ、それぞれ

  • PerfectVoice:長い音声でも10分程度で音声文字変換、100言語に対応
  • AmiVoice:音声ファイルと同じくらいの時間で音声文字変換、話者分離機能(話した人ごとに音声文字変換)あり

という特徴があります。

さらに、1分間までなら登録・ログイン不要無料で音声を文字変換することが可能。

音声ファイルを文字変換する方法を探している方は『文字起こしさん』を使ってみるのがおすすめです。

聴覚障害がある方のための音声文字変換を無料で便利に使ってみませんか?

このように、聴覚障害がある方の音声文字変換は無料で可能です。

iPhoneやAndroidスマホがあれば、音声文字変換アプリやサービスを使って便利にコミュニケーションを取ることができます。

また、音声ファイルや動画ファイルを文字変換したいときは『文字起こしさん』のようなAI文字起こしサービスが便利です。

この記事で紹介した便利な方法で、より便利にコミュニケーションを取ってみませんか?

■ AI文字起こしサービス『文字起こしさん』

『文字起こしさん』は初期費用ゼロ&月額1,000円から利用できる(※無料版あり)オンライン文字起こしツールです。

  • 音声・動画・画像など20以上のファイル形式に対応
  • パソコン・スマホどちらからも利用可能
  • 医療・IT・介護などの専門用語にも対応
  • 字幕ファイルの作成や、話者分離にも対応
  • 英語、中国語、日本語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など約100言語の文字起こしに対応

利用方法はサイトから音声ファイルをアップロードするだけ。数秒〜数十分であっという間に文字起こしテキストが手に入ります。
10分までの文字起こしなら無料で利用できますので、まずは一度お試しください。

音声・動画・画像から文字起こしが簡単にできる「文字起こしさん」です。 文字起こしさんでは無料で5分までの文字起こしが可能です。 文字起こしした文章のコピー、ダウンロード、検索、削除などができます。 字幕ファイルの作成もできるのでインタビュー動画などの文字起こしにも最適です。
HP: mojiokoshi3.com
Email: mojiokoshi3.com@gmail.com
関連記事