AIの自動文字起こしで高精度な文字起こしをするための3つのコツ

2021年6月5日

AIの自動文字起こしで高精度な文字起こしをするための3つのコツ

こんにちは、文字起こしさんです。

文字起こしさん使って文字起こしをしていると、エラーが発生し、文字起こしができないことがあります。

エラーは大きく分けて2種類あります。

  1. 文字起こしはできるけど、歯抜けのようになったりうまく文字起こしができない
  2. エラーが発生し、そもそも文字起こしができない

今回は1.文字起こしはできるけれど、「うまく文字起こしができない」「歯抜けのような文字起こしになってしまう」という場合の解決方法を紹介します。

2.エラーが発生し、そもそも文字起こしができない場合の解決方法は下記関連記事を参考にしてください。

関連記事>>文字起こしさんでエラーが発生し、文字起こしができない時の対処法。

高精度な文字起こしができない原因は?

文字起こしさんではAIが声を認識し、自動で文字起こしをします。

AIのでの文字起こしをする場合、

  • マイクの使用状況
  • 話し手の話し方
  • データの音質
  • 録音状態 など

で、文字起こしの正確さが異なります。

方言の強い話し方だったり、データが劣化したものだったり、録音状況が悪くノイズたっぷりの音声だった場合、正確な文字起こしをすることができません。

高精度な文字起こしをするための3つのコツ

AIを使った自動文字起こしを使う時に正確な文字起こしができない時の解決方法は主に3つ。

  1. 標準語で少しゆっくりめに話す
  2. マイクに口を近づける
  3. ノイズを除去する

1.標準語で少しゆっくりめに話す

AIによる自動文字起こしは、方言まじりの話し方が少し苦手です。

ですので、できるだけ標準語よりの話し方で話をしたデータを使用すると高精度な文字起こしができやすくなります。

また、とても早口な場合も解析が追いつかず精度が落ちてしまう原因になります。

対人のインタビューや、様々な人が発言する会議など発話スピードがコントロールできない場合もありますよね。

そういう場合は再生速度を遅くした音声データを別に用意してから文字起こしをするのがおすすめです。

2.マイクに口を近づける

複数の人の音声が入り交じったり、発言者が遠くから喋っている場合、音声認識が難しいからです。

高精度な文字起こしに必要なポイントは、「いかにクリアに音声を収録するか」。

そこで活躍するのが、マイクです。マイクを利用することで、AIが発言者の声をより明瞭に認識できるようになり、高精度な文字起こしができやすくなります。

3.ノイズを除去する

ガサガサ…とノイズが乗っている音声は高精度な文字起こしの妨げになってしまいます。

音声はクリアであればあるほどいいものです。

もし、音声データにノイズが乗っている場合は専用のノイズ除去ソフトなどで雑音を取り除いておくと良いです。

3つのコツで高精度な文字起こしに!

AIは素晴らしいですが、「人間の耳で聞き取れないものは、AIでも聞き取れない。」ということを忘れてはいけません。

AIの発展は目覚ましいといえど、やはりまだ人間には及ばない部分もあります。

「人間なら、これはギリギリ聞き取れるよ」という内容も、実は人間は想像力と前後の流れなどから言葉を補っていることもあります。

AIはそういうことがまだできません。

なので、高精度な文字起こしをする際には人間側が少し工夫をしてあげる必要があるんです。

  1. 標準語で少しゆっくりめに話す
  2. マイクに口を近づける
  3. ノイズを除去する

今回学んだ3つのコツを実践するとAIによる自動文字起こしの精度はグッと向上します。

ぜひ、試してみてくださいね!

音声・動画・画像から文字起こしが簡単にできる「文字起こしさん」です。 文字起こしさんでは無料で5分までの文字起こしが可能です。 文字起こしした文章のコピー、ダウンロード、検索、削除などができます。 字幕ファイルの作成もできるのでインタビュー動画などの文字起こしにも最適です。
HP: mojiokoshi3.com
Email: mojiokoshi3.com@gmail.com
関連記事